メニュー 

学部紹介 概要

人間を深く、多角的に理解できる人材を育てます

現代社会はますます複雑化し、教育問題、高齢者福祉問題、環境問題など多くの難問を抱えています。 だからこそ、社会は、その解決に貢献できる人材として、「人間」を深く、多角的に理解している人を強く求めています。 人間科学部は「人を育て」「人を支え」「社会に提案する」人材を育成することをめざし、人間について総合的・学際的に理解する学びの場を提供します。同時に、実験、実習、フィールドワークなどを通して、現実社会の問題に対応することのできる判断力と実行力を備えた、実践的人材を育成します。

「こころ」「からだ」「社会」の3要素を体系的、総合的に学びます

私たち人間には、こころ、からだ、そして社会という3つの側面があります。そのいずれが欠けても人間を総合的に理解することはできません。人間科学部では、4年間を通してこの3つの側面を、基礎から専門へと体系的に学びます。

心理学、健康科学、社会学などの知識を幅広く吸収することで、複眼的な思考と実践力を身につけます。

「こころ」「からだ」「社会」の3要素を幅広く学ぶとともに、各要素をより専門的に学ぶため、人間科学部では「心理発達コース」,「スポーツ健康コース」,「人間社会コース」の3コースを設けました。
各要素の基礎を学んだ後、1年次の秋にいずれかのコースを選択します。



心理発達コース

心理発達コースでは、心理・発達・教育の視点から、人間のこころの発達や特性について学びます。まず心身両面から自己を再確認し、それを他者理解、対人能力の向上へとつなげていきます。基礎的学修に加え、実験・実習を組み入れ、さらに犯罪被害者や災害被害者の心理、高齢者や障害者の心理、健康心理学など、応用的な学修にも力を入れています。

詳しく見る

キャリアイメージ

福祉職や心理職、研究職、行政職など
【例】 人災、天災後被害者のこころのケアをしたい:各種心理士
医療福祉で人の役に立ちたい:視能訓練士、眼鏡専門士
弱者の視点で福祉を実現したい:公務員、自治体職員
心とは何か極めたい:研究者、教員

スポーツ健康コース

スポーツ健康コースでは、初年度の健康科学を必修とし、健康の自己管理能力を養うとともに身体的スキルの向上、生活に応用可能な実践教育を目指しています。一方、現代のニーズに即したビジネス・マネジメントスキル向上のための専門知識を修得するとともにフイールドワークを導入し、幅広い見識・教養を備えた学生の育成に重点をおいています。

詳しく見る

キャリアイメージ

コーチ、スポーツビジネス、教員など
【例】 プレイヤーとして活躍:アスリート
アスリートを育てる:コーチ・トレーナー
スポーツの楽しさを広める:スポーツ行政、教員
スポーツビジネス:スポーツ関連企業への就職

人間社会コース

人間社会コースでは「こころ」と「からだ」をもつ人間が形成する「社会」という軸に焦点をおき、 「社会的存在としての人間」の側面に着眼して学修していきます。「人間」と「社会」の相互形成や多様化していく現代社会および地域・国際社会についての理論を学ぶとともに、調査実習を通して実証的に学ぶことにも重点をおき、主体的に問題を発見し、社会に積極的に提案する実践力や企画力を持った人材を養成します。

詳しく見る

キャリアイメージ

社会調査士、マスコミ、福祉、研究職、行政職、教諭
【例】 専門知識で社会に貢献:社会調査士、気象予報士、研究職、教員
幅広い視野で社会に関わる:マスコミ関係職
より良い社会制度を作る:環境計画・防災計画関係職、公務員