メニュー 

3つのポリシー

教育研究上の目的

本学部は、人間の心身と人間社会に対する多角的・総合的思考を涵養し、人間環境の質の向上と、健康で心豊かな生活を保障する社会の確立に貢献できる人材の育成を目的とします。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学科のカリキュラムにおいて、所定の卒業要件単位を修得した者は、次に掲げる能力や資質を身につけていると判断し、学士(人間科学)の学位が授与されます。

  1. 人間や社会及び自然について豊かな教養を身につけ、さらに国際的な視野に立って物事を考えることができる能力を身につけている。
  2. 自己の心身をよく認識し、それをさまざまな形で表現し、他者に伝えるコミュニケーション能力を身につけている。
  3. 人間を「こころ」と「からだ」の両面から理解するとともに、人間が形成する「社会」の仕組みについて客観的な認識ができ、それらを多角的・総合的に捉える思考力を身につけている。
  4. 「こころ」、「からだ」及び「社会」をめぐる諸問題を主体的に発見し、その具体的な解決に向けてさまざまな提案ができる発信力を身につけている。
  5. 自己と他者とのつながりを感じ、常に社会的弱者へ温かいまなざしが向けられる健康で心豊かな社会の確立のために、他者と協力しながら問解解決に当たる行動力を有している。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学科では,人間の心身と人間社会に対する多角的・総合的思考を涵養し、健康で心豊かな生活を保障する社会の確立に貢献できる人材を育成するため、以下に示した方針で教育課程を編成しています。

  1. 1学部1学科とし、そのもとに心理発達、スポーツ健康及び人間社会の3コースを置いている。学生は多角的・総合的思考ができるように、コースの垣根を越えて、どのコースの開講科目も履修できる。
  2. 全学共通の教養教育及び外国語科目と人間科学科の専攻科目とを有機的に連関させることにより、豊かな教養と国際的な視野に立った思考力及び専門的な洞察力が相乗的に身につくように編成されている。
  3. 大学における初年次教育である1年前期のFYSに続き、1年後期に人間科学基礎ゼミナールを配置し、教養教育から専門教育へのスムーズな移行を促進している。
  4. 人間科学科の専攻科目については、1年次必修の「人間科学概論」や「情報処理Ⅰ・Ⅱ」などの基礎科目から基幹科目さらに展開科目へと年次進行にしたがって体系的に学ぶことができるように配置されている。
  5. 個人の表現能力、発信力及びコミュニケーション能力を高めるため、本学科では少人数双方向教育を重視する。そのために1年次の「FYS(ファースト・イヤー・セミナー)」、「人間科学基礎ゼミナール」に引き続き、 2年次に「人間科学専門ゼミナールⅠ」及び3年次に「人間科学専門ゼミナールⅡ」を配置し、必修科目としている。また4年次の「卒業研究」は必修ではないが、専門教育の集大成として履修することを推奨している。そこでは自らが設定した卒業研究の企画及び問題解決のための方法、結果の分析などが求められる。
  6. 各コースの特徴は以下のとおりです。

    心理発達コースでは、心理・発達・教育の視点から、人間のこころの発達や特性について学びます。まず心身両面から自己を再確認し、それを他者理解、対人能力の向上へとつなげていきます。基礎的学修に加え、実験・実習を組み入れ、さらに犯罪被害者や災害被害者の心理、高齢者や障害者の心理、健康心理学など、応用的な学修にも力を入れています。

    スポーツ健康コースでは、初年度の「健康科学とスポーツ」を必修とし、健康の自己管理能力を養うとともに身体的スキルの向上、生活に応用可能な実践教育を目指しています。一方、現代のニーズに即したビジネス・マネジメントスキル向上のための専門知識を修得するとともにフイールドワークを導入し、幅広い見識・教養を備えた学生の育成に重点をおいています。

    人間社会コースでは「こころ」と「からだ」をもつ人間が形成する「社会」という軸に焦点をおき、「社会的存在としての人間」の側面に着眼して学修していきます。「人間」と「社会」の相互形成や多様化していく現代社会及び地域・国際社会についての理論を学ぶとともに、調査実習を通して実証的に学ぶことにも重点をおき、主体的に問題を発見し、社会に積極的に提案する実践力や企画力を持った人材を養成します。


アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

本学科は、その掲げる教育目的に照らし,以下のような学力と意欲を有する人を受け入れます。

  1. 人間科学部での学修に必要な基礎的学力を十分に備えている人
  2. 「こころ」、「からだ」、「社会」の観点から、人間に対して深い理解を得たいという強い意欲を持っている人
  3. 人間を取り巻くさまざまな問題を解決するために行動でき、解決に向けてのさまざまな提案をしたいという強い意欲を持っている人