2領域4分野
研究科概要
臨床心理学分野
応用実験心理学分野
スポーツ健康科学分野
地域社会学分野

臨床心理学分野

徹底したスーパーヴィジョン・システムと少人数教育で、研究にも臨床の実践にも優れた心理臨床家を養成。

企業人のうつ病や生徒の不登校の問題などから健康な生活を続けるには心の問題が重要であることが知られるようになりました。日本ではこのような心の問題に取り組む専門的な資格として公益法人である日本臨床心理士資格認定協会が認定する「臨床心理士」が各方面で活躍しています。本分野は、臨床心理士の養成が可能な第1種指定校として、充実したスタッフ、施設、カリキュラムを整えています。カリキュラムは、教育、医療などと共に、産業も重視しています。

臨床力をつけるにはケースのスーパーヴィジョンが不可欠ですが、本分野は徹底したスーパーヴィジョン・システム(個人スーパーヴィジョンとグループ・スーパーヴィジョン)を導入しており、全国でも屈指の実践的学習が可能です。「個人スーパーヴィジョン」では、学内に設置した心理相談センターで、大学院生が担当したケースを、経験豊かな6人のクリニカル・スタッフ(臨床心理士)がスーパーヴィジョンします。1セッション終えるごとに毎回スーパーヴィジョンを受けて、臨床的な理解を深めながらカウンセリングを実施できるのは、本学の特色の一つです。「グループ・スーパーヴィジョン」では専門性豊かな5人の専任教員(臨床心理士)が、ティーチング・スタッフとしてグループ・スーパーヴァイザーとなります。このようにクリニカル・スタッフとティーチング・スタッフが分業・協力体制を取ることで、それぞれの専門性や経験を存分に生かした指導が可能になります。クリニカル・スタッフとティーチング・スタッフを別々に揃えた多面的・多層的で徹底したスーパーヴィジョン・システムは、全国でも希な教育システムです。

博士後期課程では心理臨床家の指導者・研究者を養成するために、さらに高度な研究能力と臨床力を身につけます。また、臨床心理士などの社会人が在職したままで、修学できるようにカリキュラムを構成しています。

(注)スーパーヴィジョン:カウンセラー訓練生が自分のケースについて指導者から助言を受ける指導面接のこと

教員紹介

専任教員(演習担当)

杉山 崇
SUGIYAMA TAKASHI

教授
臨床心理士

専門分野

臨床心理学
臨床社会心理学
臨床パーソナリティ心理学

研究課題・業績

心理療法の統合・認知行動療法, 抑うつの心理-社会的メカニズム, 心理臨床現場の実際問題

  • 『事例でわかる基礎心理学のうまい活かし方』, 金剛出版, 2011. 
  • 『臨床に活かす基礎心理学』, 東京大学出版会, 2010. 
  • 『これからの心理臨床』, ナカニシヤ出版, 2007.

担当科目

臨床心理面接特論I 、臨床心理査定演習 II 、臨床心理基礎実習I ・II 、臨床心理実習 I ・II 、人間科学特別研究、人間科学特殊研究 ほか

瀬戸正弘
SETO MASAHIRO

教授
博士(人間科学)
臨床心理士

専門分野

臨床心理学
行動臨床心理学
健康心理学

研究課題・業績

(1) ストレスマネジメントに関する研究, (2) 認知行動療法に関する研究, (3) 心理尺度(テスト)の開発に関する研究, (4) 子どもの問題行動に関する研究, (5) 喫煙行動の形成, 維持, 変容に関する研究, (6) 障害や喪失体験の受容過程に関する研究

  • 60のケースから学ぶ認知行動療法, 北大路書房, 2012.
  • 禁煙継続者と喫煙再開者を区別する心理社会的要因の検討, 心身医学51(1), 61-71, 2011.
  • 論理情動行動療法に基づいた女子大学生用抑うつ低減プログラムの作成とその効果に関する研究-CES-D,IBQ,ATQ-R,DSS,TEGII,バウムテストなどによる多面的評価(1)-, 安田女子大学心理教育相談研究(8), 39-62, 2009. 

担当科目

臨床心理学特論 II 、臨床心理査定演習 I 、臨床心理基礎実習 I ・II 、臨床心理実習 I ・II 、人間科学特別研究、人間科学特殊研究 ほか

新田泰生
NITTA YASUO

教授
臨床心理士

専門分野

臨床心理学
産業臨床心理学
人間性心理学

研究課題・業績

(1) 心理療法(フォーカシング, 来談者中心療法, 集団心理療法, コミュニティ・アプローチ等)に関する研究, (2) 産業心理臨床(産業メンタルヘルス, 産業カウンセリング, キャリア・カウンセリング)等に関する研究, (3) 質的研究法(M-GTA, ナラティブ・アプローチ, KJ法, 事例研究法等)に関する研究

  • 研究方法をめぐって,日本人間性心理学会編 『人間性心理学ハンドブック』第4章第1節,144-151,創元社,2012. 
  • 産業臨床心理学特論の意義に関する一考察,『神奈川大学心理相談センター紀要 心理相談研究』 2巻, 2011. 
  • 産業臨床心理学における物語論の視点からみたワークライフバランス, 『神奈川大学心理相談センター紀要 心理相談研究』 創刊号, 2010. 

担当科目

臨床心理学特論 I 、 臨床心理面接特論 II 、臨床心理基礎実習 I ・II 、臨床心理実習 I ・II 、産業臨床心理学特論、人間科学特別研究 、人間科学特殊研究 ほか

専任教員(専門科目担当)

加藤美智子
KATO MICHIKO

教授
臨床心理士

専門分野

臨床心理学
青年期カウンセリング
イメージの心理学

研究課題・業績

学生相談,心理面接と描画研究,グリーフカウンセリング

  • 身体と心の対話―食べることとの関連で―, 健康教育―表現する身体, 勁草書房, 32-43, 2015.
  • 自分の内面と語り合う―イメージ療法, やさしく学べる心理療法の実践, 培風館, 153-167, 2012.
  • 教育相談面接における「おしゃべり」の機能について―女子中学生の不登校と過剰適応との関連で―, 神奈川大学心理・教育研究論集, 39, 55-63, 2016.

担当科目

臨床心理基礎実習I・II 、臨床心理実習I・II

古屋喜美代
FURUYA KIMIYO

教授
臨床心理士

専門分野

臨床発達心理学
発達心理学
教育心理学

研究課題・業績

子どもの言語・社会性の発達, 発達障害支援

  • 学級と学童保育で行う特別支援教育, 金子書房, 2008.
  • 保育を支援する発達臨床コンサルテーション, ミネルヴァ書房, 2002. 
  • 発達と臨床の心理学、ナカニシヤ出版39-53、2012.

担当科目

発達心理学特論

麻生典子
ASO NORIKO

准教授/臨床心理士
博士(心理学)

専門分野

生涯発達心理学、
家族心理学、
臨床心理学

研究課題・業績

生涯発達における身体接触の役割,身体接触を用いた子育て支援プログラムの作成, 地域の虐待予防における多職種協働による心理支援

  • 多職種協働による地域の子育て支援における臨床心理士の役割, 心理臨床学研究, 一般社団法人日本心理臨床学会, 34(4), 411-422, 2016.
  • The effect of Maternal Breast-Feeding in Japanese Mothers: Focusing on Maternal Touch to Infants, Depression, and Child Rearing Stress., Japanese Journal of Applied Psychology, The Japan Association of Applied Psychology, 42(Special edition), 60-66, 2016.
  • 乳児に対する母親のタッチの関連要因:初産婦と経産婦の比較, 小児保健研究, 日本小児保健協会, 75(2), 187-195, 2016.

担当科目

臨床心理学特論Ⅰ、臨床心理査定演習Ⅱ、臨床心理基礎実習Ⅰ・Ⅱ、
臨床心理実習Ⅰ・Ⅱ

兼任教員

石川 健太

心理統計法特論

生田 倫子

臨床心理士

学校臨床心理学特論
家族心理学特論

植木田 潤

臨床心理士

障害者心理学特論

小野 京子

臨床心理士

人間関係学特論

小野田 直子

臨床心理士

投影法特論
臨床心理相談実習
I・II・III・IV

黒澤 礼子

臨床心理士

臨床心理相談実習
I・II・III・IV

櫻小路 岳文

精神医学特論

末武 康弘

臨床心理士

臨床心理学研究法特論

西川 昌弘

臨床心理士

臨床心理相談実習
I・II・III・IV

野村 真睦

臨床心理士

臨床心理相談実習
I・II・III・IV

橋本 優

臨床心理士

遊戯療法特論
臨床心理相談実習
Ⅰ・II・III・IV

水野 康弘

臨床心理士

人格心理学特論

森口 修三

臨床心理士

臨床心理相談実習
Ⅰ・II・III・IV

Page Top