メニュー 

インターンシップとは

インターンシップとは、企業や団体に短期間所属し実際に仕事をするという体験的学修プログラムです。大学での事前学習と職場での実習を組合わせることで、仕事や組織に対する理解を深め、卒業後の進路を再発見することにもつながります。

海外スポーツインターンシップとは

※海外スポーツインターンシップは学部独自で行っているものであり、神奈川大学の国内・海外インターンシップとは別物です。

インターンシップの受け入れ先は、国内だけでなく海外にも広がっています。
たとえば、スポーツ健康コースにおける海外インターンシップでは、参加した学生が海外のクラブチーム、企業、あるいは研究・教育機関等にて就業体験することを通して、海外のスポーツ文化を体験するとともに、企画・組織運営能力やクラブマネジメントのスキルなどを習得することを目的とします。

海外インターンシップの基本スケジュール

海外インターンシップでは、4月~7月の大学での事前学習を経て、8月上旬から9月中旬、もしくは2月上旬から3月下旬に約1ヵ月間のインターンシップを行います。

※過去の実績に基づいてスケジュールを記載していますが、年度やインターンシップ先によって異なる場合があります。

説明会 インターンシップ先の情報や実習内容、費用等について説明を行います。
応募書類 参加申込書およびレポート(応募動機等)を提出していただきます。
選考 提出していただいた応募書類に基づき、意欲・意志や英語力等を確認する面接を行います。
事前研修 派遣国やインターンシップ先の情報収集、英語研修を行います。
事後報告会 インターンシップでの実習成果を発表していただきます。

費用について

渡航、宿泊、食事、保険等、実習に要する経費は自己負担となります。なお、インターンシップ先への委託料については大学で負担いたします。

過去の派遣実績

  派遣国と人数 インターンシップ先
2011年度 ニュージーランド2名 WYNRS Soccer Club(サッカークラブ)
2012年度 ニュージーランド3名 WYNRS Soccer Club(サッカークラブ)
2013年度 ニュージーランド2名

体験レポート

WYNRS Soccer Club(サッカークラブ)
2014年度 シンガポール2名

体験レポート

Singapore Sports School(アスリート養成学校)
Singapore Sports Institute(トップアスリート育成機関)
2016年度 シンガポール2名

体験レポート

National Youth Sports Institute(アスリート養成学校)