メニュー 

卒業研究

専門ゼミでの学修の集大成

専門ゼミでの学修を発展させ、自ら主体的に行った研究を卒業論文としてまとめます。

卒業研究 Graduation Studies (thesis) 科目概要一覧 (単位4)

麻生 典子

授業内容

研究テーマは、受講生の関心に基づき自由に決定する。生涯発達心理学の研究領域は非常に幅が広く、現在の指導学生のテーマは、親子関係、家族関係、発達障害、青年期アイデンティティなど多彩である。
研究方法は、実験法や質問紙法、面接法、フィールドワークが可能である。

授業計画

大まかな授業計画は以下のとおりである。

  1. テーマの決定と先行研究のまとめ (4月)
  2. 研究計画書の作成(4月~5月)
  3. データ収集と分析(6月~10月)
  4. 分析結果の整理と論文執筆(11月~12月)
  5. 卒業論文の提出(1月中旬)

授業運営

卒業研究は、一人一人が独立して自主的に取り組むことが求められます。授業では、各自が研究の進捗状況を発表し、ゼミ全体で討論を行います。発表者は、予め疑問点や意見をもらいたい点などを配布資料に簡潔にまとめておく必要があります。

評価方法

研究成果と授業への取り組みで総合的に評価します。

オフィスアワー

水曜日12:00~ 研究室(17-304)

杉山 崇

授業内容

これまでの学習・研究を成果としてまとめるのが卒業研究である。
卒業研究の杉山クラスでは心理学の研究方法であれば、研究テーマは問わない。
受講生の自由なテーマ設定を応援し、科学としての心理学でどこまで当該テーマに迫れるか、ともに挑戦しよう。
大学での学びをこれからの人生の糧としたい学生、企業人・研究者・心理臨床家など卒業後の進路希望が明確な学生、努力を惜しまない意欲的な学生を歓迎する。

授業計画

以下のプロセスで研究成果の作成を目指す。
1-3回.   テーマ設定
4-6回.   先行研究の精査
7-9回.   問題と目的の設定
10-12回. 研究方法の決定
13-15回. 研究スケジュールの作成
夏季休業中の課題:研究スケジュールの実施
16-18回. 結果の整理
19-21回. 結果の分析
22-24回. 結果の考察
25-27回. 成果物の作成(研究成果の提出)
28-30回. 公表資料の作成(発表会)

授業運営

事前学習:進行状況を報告する資料を毎回用意すること。
授業:事前学習で作成した資料にフィードバックを行う。
事後学習:授業内で受けたフィードバックを参考に必要な作業を遂行し、次回の授業の事前学習につなげること。
なお、場合によっては似たような興味を持つ人とチームになって理解を深め、その後各自のテーマ設定に適した心理学の研究方法を決定し、研究を進める。
授業計画の過程に沿って進行の状況を発表しあい、必要に応じて協力しあいながら進める。

評価方法

成果物と研究の過程(研究への態度)で評価する。

オフィスアワー

火曜昼休み

瀬戸 正弘

授業内容

人間科学専門ゼミナールⅠ・Ⅱの成果を踏まえて、さらには大学生活の集大成として、臨床心理学や健康心理学に関する卒業論文の作成を行う。

授業計画

各回の内容は以下のように予定しているが、受講者の事情等により、発表順番は前後する場合もある。
予習としては、とにかく先行研究を集めしっかりと読み込むことが必要である。
復習としては、全体討議の内容を再吟味して、各自の研究に活かすことが望まれる。

  1. 前年度までの報告~(1人目~4人目)
  2. 前年度までの報告~(5人目~8人目)
  3. 前年度までの報告~(9人目~12人目)
  4. 個人別に順番に研究テーマ・研究計画の発表、全体討議~(1人目~3人目)
  5. 個人別に順番に研究テーマ・研究計画の発表、全体討議~(4人目~6人目)
  6. 個人別に順番に研究テーマ・研究計画の発表、全体討議~(7人目~9人目)
  7. 個人別に順番に研究テーマ・研究計画の発表、全体討議~(10人目~12人目)
  8. 個人別に順番に経過報告、全体討議①~(1人目~3人目)
  9. 個人別に順番に経過報告、全体討議①~(4人目~6人目)
  10. 個人別に順番に経過報告、全体討議①~(7人目~9人目)
  11. 個人別に順番に経過報告、全体討議①~(10人目~12人目)
  12. 個人別に順番に経過報告、全体討議②~(1人目~3人目)
  13. 個人別に順番に経過報告、全体討議②~(4人目~6人目)
  14. 個人別に順番に経過報告、全体討議②~(7人目~9人目)
  15. 個人別に順番に経過報告、全体討議②~(10人目~12人目)

授業運営

授業では、各自の研究(卒業論文)の途中経過・成果を報告し、討論する。

評価方法

研究成果(卒業論文)(80%)と報告内容(20%)を総合して評価する。

オフィスアワー

簡単な質問は授業の後に受けるが、まとまった時間が必要な時は個別に設定する(場所:17号館4階の17-412研究室)。

参考書

適宜紹介する。

新田 泰生

授業内容

現在の主な卒業研究指導テーマは、カウンセリング、フォーカシング、質的研究法等である。
質的研究法、カウンセリング、フォーカシングなどに関する文献講読を行う。
並行してこれらに関係する質的研究法(修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ、KJ法、事例研究等)を中心とする卒業研究の指導を行う。

授業計画

日々の実践に結びついた研究形式では日常の記録データを個別性、時間性を捨てて数量データとして加工するのではなく、実践の独自性、経過における時間性をそのまま含んだ質的データとして扱うことが大切である。
研究的な焦点は、臨床心理学における質的研究法を探求することである。
そのため、研究室における研究法は、修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ、事例研究法、KJ法などによる質的研究法が多い。
予習として、①討論できるように配布された文献を読む、②自分のデータを分析し、検討したい部分を提示する準備をするなど。
復習としては、その日に指導を受けたこと、議論した論点を、A4・1枚程度のレポートに整理して、次回の授業に提出する。

〔前期の授業計画〕
質的研究法等に関する文献講読 基礎
質的研究法等に関する文献講読 応用
質的研究法の意義と課題 基礎
質的研究法の意義と課題 応用
カウンセリングに関する文献講読
フォーカシングに関する文献講読
カウンセリングの実践・研究
フォーカシングの実践・研究
研究へのオリエンテーション
研究計画、研究テーマの設定

〔後期の授業計画〕
卒業論文のデータの収集とその指導 理論
卒業論文のデータの収集とその指導 実践
卒業論文のデータの分析とその指導 理論
卒業論文のデータの分析とその指導 実践
卒業論文のデータの解釈とその指導 理論
卒業論文のデータの解釈とその指導 実践
卒業論文のデータの考察とその指導 理論
卒業論文のデータの考察とその指導 実践
卒業論文の作成等の研究指導 理論
卒業論文の作成等の研究指導 実践
卒業論文の仕上げ 理論
卒業論文の仕上げ 実践

授業運営

論文などの素材をめぐって、少人数での話し合いを行う。話し合いにおいては、一人一人が十分に話す時間を持ち、お互いに相手の話を深く理解しようとする、ていねいな話し合いを目指す。個々の学生のデータに関して、相互に検討したり、指導教員の検討を受けることで、データの扱いや解釈に対する、妥当性や信頼性を高めていく。
卒業研究指導は、主に質的研究のデータ収集、データ分析を教員とゼミ生の共同作業、共同研究で進めるという分析方法の必要上、毎週の卒業研究指導以外に春、夏、冬休み期間中も、ほぼ毎週のように自主ゼミに参加するという、自発的な努力を求められる。これらのことを了解した上で選択してもらいたい。

評価方法

成績評価基準
授業時における討論、及び提出論文等により、総合的に評価する。

オフィスアワー

月曜 12:10~12:40
木曜 12:10~12:40
研究室の場所 17号館の3階、303研究室
研究室の外線・内線電話 大学代表電話 045-481-5661(内線 4242)
研究室のメール・アドレス nitta7@kanagawa-u.ac.jp

前原 吾朗

授業内容

履修者の研究課題に即し、卒業論文の作成に関連する研究活動に対し専門的指導および論文作成指導を行う。

授業計画

履修者は研究課題および方法について随時報告をおこない、研究課題の設定の適切性、方法論の妥当性について議論する。

前期
 1 研究目的の設定
 2 研究目的についての議論
 3 研究目的の修正
 4 実験計画の立案
 5 実験計画についての議論
 6 実験計画の修正
 7 予備実験の準備
 8 予備実験の実施
 9 予備実験結果の分析
10 予備実験結果の報告と議論
11 予備実験結果分析の修正
12 第一実験の準備
13 第一実験前の最終確認
14 第一実験の実施 前半
15 第一実験の実施 後半

後期
16 第一実験結果の分析
16 第一実験結果の報告と議論
17 第一実験結果分析の修正
18 第二実験の準備
19 第二実験前の最終確認
20 第二実験の実施 前半
21 第二実験の実施 後半
22 第二実験結果の分析
23 第二実験結果の報告と議論
24 第二実験結果分析の修正
25 卒業論文執筆 目的
26 卒業論文執筆 方法
27 卒業論文執筆 結果
28 卒業論文執筆 考察
29 卒業論文原稿の修正
30 卒業論文原稿仕上げ

※進捗状況により各内容の実施時期は前後する。

授業運営

演習形式で行う。

評価方法

卒業論文の内容100%

オフィスアワー

木曜日 12時15分~12時45分 17号館431室