メニュー 

心理発達コース 概要

「こころ」は、どのように働き、育って行くのか

心理発達コースでは、心理・教育・福祉の視点から、人間のこころの特性や発達について学びます。まずは私たち自身について、心身両面から自己を見つめ再確認し、それを他者理解、対人関係能力の向上へとつなげていきます。心理の専門職としてだけでなく、一人の大人、親、社会人として他者を支援し、関係を結ぶ中で共に支えあう力を持った人間として成長していくことを目指します。そのために、心理学・教育学、さらには隣接の学問(精神医学、大脳生理学、社会福祉など)の基礎をきちんと学び、さまざまな社会的経験(現場実習やボランティアなど)を積極的に積んでいくことが望まれます。

4つの領域(知覚心理学、臨床心理学、発達心理学、教育学)を軸に、幅広く授業科目を編成

2年次にはまず心理学・教育学の基礎的学習の科目(基幹科目)を中心に履修します。コース必修科目の心理学基礎実験(心理検査を含む)と心理学研究法では、実際の実験や検査を体験しながら、とらえどころのない「こころ」に対する科学的な研究方法の基礎を学びます。その後の研究に欠かせない統計や情報処理についても理解します。さらに、自分の関心テーマにしたがって専門ゼミナール1を選択します。

3年次には、犯罪心理学や災害被害者の心理、児童心理・青年心理、コミュニティー心理、高齢者・障害者、発達障害の心理、教育行政学など、応用的な学習(展開科目)にも力を入れています。専門セミナール1に続き、さらに専門性の高い専門ゼミナール2を履修します。

4年次は卒業に向けて、これまでの学習をまとめていく学年です。卒業研究は必修ではありませんが、多くの学生の履修が期待されます。3年次のゼミナールを踏まえて、個人あるいは複数で、各自が研究したいテーマを自由に選んで研究を深めていきます。

「心理福祉型」と「人間発達型」2つの履修モデル

心理発達コースでは、一人ひとりの関心を広げて他コースの科目にも挑戦し、独自の自由なカリキュラムを組むことができます。2つのタイプに分けて、履修例をご紹介しましょう。

1. 福祉職や心理職を希望する人や大学院の進学を目指す人には 心理福祉型

心理福祉型は、福祉職や心理職を希望する人や大学院の進学を目指す人のための履修モデルです。学校の現場をめぐる様々な難問を背景に各種心理士の育成は急務です。また、人災、天災後による 被害者のこころのケアのためにも各種心理士への社会的ニーズは高まっています。
在学中の関係 単位取得は、これら専門職へのステップとなります。また視能訓練士、眼鏡専門士など医療福祉関係の 専門職へのステップにもなります。

基幹科目 感覚知覚心理学1,2、認知心理学、生涯発達心理学1,2、臨床心理学1,2、人格心理学、犯罪心理学、心理学研究法1,2、心理統計法1,2、スポーツ心理学、公衆衛生学、人口地理学、現代社会心理学、家族社会学、ライフデザインの心理学・心理学基礎実験(含む心理検査)1,2
展開科目 環境心理学、色彩心理学、児童心理学、青年心理学、高齢者障害者福祉心理学、心理療法1,2、コミュニティー心理学、組織心理学、被害者心理学、精神医学、脳損傷リハビリテーション、ボランティア学習論、プログラミング演習、人間科学特別講義、高齢社会論、身体表現法、児童福祉論、高齢者福祉論、障害者福祉論、地域福祉論、家族心理学、臨床発達心理学、健康心理学、ジェンダー心理学、認知神経化学、実践メディア論1・2、ホスピタリティ論

2. 研究職、行政職、社会科教諭などを目指す人には 人間発達型

人間発達型は、人間の発達環境を、こころや身体と関連させながら総合的に理解し、将来、幅広く人 に関わる職業を目指す人の履修モデルです。
将来の研究職、行政職、社会科教諭などを目指す人にとって参考になります。

基幹科目 ライフデザインの心理学・心理学基礎実験(含む心理検査)1,2、生涯発達心理学1,2、心理学研究法1,2、心理統計法1,2、教育人間学、教育社会学、異文化間教育学、スポーツ心理学、公衆衛生学、家族社会学、現代文化人類学
展開科目 児童心理学、青年心理学、家族心理学、高齢者障害者福祉心理学、コミュニティー心理学、教育哲学、教育行政学、ボランティア学習論、教育組織論、プログラミング演習、地域情報論、生涯スポーツ論、人間科学特別講義、法女性学、市民社会論、スポーツ文化、スポーツ哲学、身体表現法,児童福祉論,高齢者福祉論、障害者福祉論、ロールモデル論、臨床発達心理学、実践メディア論1・2、ホスピタリティ論