メニュー 

JATI認定資格

運動プログラムの作成と指導ができる専門家

JATI認定資格とは日本トレーニング指導者協会が認定するスポーツ指導者の資格です。一般人からトップアスリートまで、あらゆる対象や目的に応じて、科学的根拠に基づく適切な運動プログラムの作成と指導ができる専門家であることを証明する資格です。

JATI 認定トレーニング指導者(JATI-ATI)とは?

JATI 認定資格とは、一般人からアスリートまで幅広い目的や対象に応じて、科学的根拠に基づくトレーニング指導を行う専門家の資格で、日本トレーニング指導者協会もより認定されるものです。
2014年3月現在、国内外で約3,000名の認定者・会員が活動しています。 この資格を取得後に、さらに上位の資格となる上級トレーニング指導者や特別上級トレーニング指導者を目指すことができます。

日本トレーニング指導者協会(JATI)HP

有資格者の主な職業

競技スポーツ分野 プロや社会人チームや学校の運動部のトレーニングコーチ、アスリートの専属トレーナーなど
健康増進分野 フィットネスクラブや市町村体育館などにおける指導者など
教育分野 教員

神奈川大学はJATI養成校です

一般にはJATI認定資格の取得にはJATIに入会し、養成講習会の受講やワークノート提出などが必要になります。しかし、神奈川大学はJATIの養成校に指定されているので、JATIが指定した所定のカリキュラムを人間科学部で履修することで、認定試験の受験資格を得ることができます。

トレーニング指導者養成校・養成機関科目対応表(案)(2015年度入学者対象)

1.一般科目

領域 必要な科目 神奈川大学人間科学部で対応する科目
A.体力学総論 体力学総論 健康科学とスポーツⅠ
B.機能解剖   機能解剖(1)上肢 解剖学
機能解剖(2)脊柱と胸郭 解剖学
機能解剖(3)骨盤と下肢 解剖学
C.バイオメカニクス  バイオメカニクス(1)基礎理論 バイオメカニクス
バイオメカニクス(2)スポーツ及びトレーニング動作のバイオメカニクス バイオメカニクス
D.運動生理学  運動生理学(1)呼吸循環器系・エネルギー代謝と運動 人体生理学
運動生理学(2)骨格筋系・神経系・内分泌系と運動 人体生理学
E.運動と栄養   運動と栄養(1)基礎理論 栄養管理学
運動と栄養(2)スポーツ選手の競技力向上と栄養 栄養管理学
運動と栄養(3)一般人の健康増進と栄養 栄養管理学
F.運動と心理   運動と心理(1)基礎理論 スポーツ心理学
運動と心理(2)スポーツ選手の競技力向上への活用 スポーツ心理学
運動と心理(3)一般人の健康増進への活用 スポーツ心理学
G.運動と医学   運動と医学(1)救急処置法 救急法
運動と医学(2)スポーツ選手の整形外科的傷害と予防 スポーツ医学
運動と医学(3)生活習慣病とその予防 スポーツ医学
H.運動指導の科学 運動指導の科学 保健体育指導実践Ⅰ・Ⅱ,コーチング論

2.専門科目

領域 科目名 対応する科目または講習科目(複数記載可)
A.トレーニング指導者論 トレーニング指導者の役割 運動処方論
B.各種トレーニング法の理論とプログラム        トレーニング計画の立案(総論) 運動処方論
筋力トレーニングのプログラム作成 運動処方論
パワー向上トレーニングの理論とプログラム作成 運動処方論
有酸素性及び無酸素性持久力向上トレーニングの理論とプログラム作成 運動処方論
スピード向上トレーニングの理論とプログラム作成 運動処方論
ウォームアップとクールダウン・柔軟性向上トレーニングの理論とプログラム作成 運動処方論
特別な対象のためのトレーニングとプログラム 運動処方論
傷害の受傷から復帰までのトレーニングとプログラム スポーツ医学
C.各種トレーニング法の実際     筋力トレーニングの実際 トレーニング実技
パワー向上トレーニングの実際 トレーニング実技
有酸素性及び無酸素性持久力向上トレーニングの実際 トレーニング実技
スピード向上トレーニングの実際 トレーニング実技
ウォームアップとクールダウン・柔軟性向上トレーニングの実際 トレーニング実技
D.トレーニング効果の測定と評価  トレーニング効果の測定と評価の実際 測定評価,運動処方実験実習
測定データの活用とフィードバックの実際 測定評価,運動処方実験実習
E.トレーニングの運営と情報活用  トレーニングの運営 スポーツ経営管理学
運動指導のための情報収集と活用 情報処理Ⅰ・Ⅱ