メニュー 

人間社会コース 概要

理論とフィールドワークの両面から社会を理解する

人間は身体を持つ生物的存在ですが、「身体(遺伝子など)」や「本能」などには還元されない面も備えています。このコースでは、人間がいかに<社会的存在>であるかという側面を重視し、さまざまな社会・文化的現象における人間の行為および社会的現実を理論とフィールドワークの両面からとらえていくことを目指します。人間社会の分析・考察には理論の習得は大切ですが、このコースではフィールドワークの実践も重視します。

日常生活もフィールドワークの場になる

わたしたちの日常生活が営まれる具体的な場がフィールドの具体例です。たとえば神奈川大学の位置する<横浜>は、ローカル/ナショナル/リージョナル/グローバルという多層的な空間のなかに位置し、歴史的にも「国際港湾都市」の性格を持つ興味深い<場>です。または、エスニシティ、ジェンダー、外国人居住者、高齢者などの社会集団やネットワークの視角からも、フィールドワークの場は設定できます。
人間社会コースでは、これらさまざまな次元から考察されうる人間社会を調査・研究することを通して、総合的な視点と主体的判断のできる創造性と豊かな感性を培うことを目指します。

「社会理論学習・研究」と「地域社会学習・研究」 2つの履修モデル

人間社会コースでは、2つの履修モデルを設定しています。

1. 社会理論学習・研究モデル

経験的・実証的知見を踏まえた理論・方法論を学ぶ「社会理論学習・研究」モデルです。このモデルでは、将来の研究職、行政職、社会科教諭などの育成を目指します。

基幹科目 現代社会論1・2、社会統計学1・2、社会調査論1・2、生涯発達心理学1・2、スポーツ心理学、現代社会心理学、家族社会学、ジェンダー研究、教育人間学、犯罪心理学、教育社会学
展開科目 地域社会学、環境社会論、高齢社会論、法女性学、現代メディア論、市民社会論、環境計画論、地域福祉論、コミュニティ心理学、青年心理学、児童心理学、異文化社会論、家族心理学、高齢者福祉論、横浜学1・2・3・4、児童福祉論、障害者福祉論、ロールモデル論、市民メディア論、国際社会論、形質人類学
総合演習 人間科学専門ゼミナール・卒業研究

2. 地域社会学習・研究モデル

人間社会の具体的な展開の場である「地域社会」をフィールドとして、その構造や諸課題について調査実習などを取り入れて実証的に学んでいく「地域社会学習・研究」モデルです。このモデルでは、将来の社会調査士、マスコミ関係職、福祉関係職、気象予報士、環境計画・防災関係職などの育成を目指します。

基幹科目 国際社会論、現代社会論1・2、データ分析法1・2、社会統計学1・2、社会調査論1・2、フィールドワーク入門2、生涯発達心理学1・2、家族社会学、景観地理学、人口地理学、スポーツ社会学、教育社会学、犯罪心理学
展開科目 地域社会学、地域情報論、産業地理学、現代メディア論、防災社会論、気象学、ボランティア学習論、高齢者福祉論、現代文化人類学、環境社会論、市民メディア論、横浜学1・2・3・4、社会調査法(含む実習)A1・A2・B1・B2、環境計画論、臨床発達心理学、高齢者障害心理学、地域福祉論、高齢社会論、世界地誌、ホスピタリティ論、異文化社会論、環境社会論
総合演習 人間科学専門ゼミナール・卒業研究