メニュー 

スポーツ健康コース 卒業研究

専門ゼミでの学修の集大成

専門ゼミでの学修を発展させ、自ら主体的に行った研究を卒業論文としてまとめます。

卒業研究 Graduation Studies (thesis) 科目概要一覧 (単位4)

石井 哲次

到達目標

授業は、専門ゼミⅠ・Ⅱで行ってきた研究活動を発展させ新たな視点で研究の継続、健康や体力の維持増進、自分が行っている競技能力の向上や選手育成のための資料を作成するなどの報告書や論文形式にまとめる能力を身に付けることである。

授業内容

スポーツは、技術の進歩やトレーニング方法、用具の開発などにより、記録が更新されている。また、健康や体力の維持増進においても、次から次へと新しい健康グッズやダイエット方法、運動理論が生み出されている。しかし、その効果や効能、原理・原則は実証されていないものが多くあり、特定の対象者に効果があっても、すべての人に効果があるとは思われないものも多くある。
卒業研究では自分が興味ある運動やスポーツを理解すると共に、競技能力の向上を目指したトレーニング方法、健康・体力の維持増進のための運動の実践による効果や効能などについて検討し、論文としてまとめることを目的として行うものである。
授業の到達目標は、研究課題の解決のための研究活動を行うことである。 

授業計画

授業は、研究課題の設定から測定や実験、アンケート調査などの活動計画を作成し、個人またはグループ毎に活動をする。
1.ガイダンス 授業の進め方、計画
2~4.テーマ選定 計画書の作成
5~8.論文抄読会
9~10.先行研究や資料収集
11~14.測定・実験の計画
15~20.測定・実験の実施
21~22.統計処理 結果集計と分析
23~24.論文の作成
25~27.発表の準備
28~30.発表会

授業運営

授業は、研究テーマごとに個人またはグループを編成し研究を進めて行きます。授業は、抄読会や検討会を行い意見交換の場として行います。また、授業以外の時間も使い測定や研究を進めていくことになります。

評価方法

成績評価は、卒業研究論文の提出、論文抄録及び発表によって評価する。

オフィスアワー

火曜日から金曜日12時10分から12時50分、17号館210号研究室

使用書

開講時に説明します。

参考書

授業中に適宜紹介します。

太田 早織

到達目標

本講義の到達目標は、受講者が保健体育科の授業づくりの実践①保健体育科の授業観察等を通じて授業づくりのPDCAを身に付けらることである。
とりわけ、計画・実施された授業の評価・改善スキルの習得を目指したい。

授業内容

専門ゼミナールⅠ・Ⅱにおける研究に引き続き、体育科教育学の視点から体育科の教材づくりや授業づくりとその実践を深めていきたい。
さらに、個人の課題(選択した領域・種目)ごとの合理的な評価法の習得・開発をめざし、最終的にその活動内容を論文としてまとめていく。
活動形態については、グループor個人を選択できる。 

授業計画

  1. オリエンテーション
      年間の見通しをたてる
  2. 授業づくりⅠ‐①
      授業研究グループづくり・単元計画の作成
  3. 授業づくりⅠ‐②
      教材の選択:単元目標に則した教材設定のための資料収集
  4. 授業づくりⅠ‐③
      教材の検討:資料をもとに実践し、単元目標に則した内容に修正する・学習カードの検討
  5. 授業づくりⅠ‐④
      単元計画の検証:グループごとにプレゼン・評価・修正
  6. 検証授業Ⅰ‐①
      各グループ30分の検証授業を実施(分析)・反省・修正
  7. 検証授業Ⅰ‐②
      修正した授業の実践(分析)・反省・修正
  8. 中間プレゼンⅠ‐①
      これまでの活動をまとめる
  9. 中間プレゼンⅠ‐②
      各グループの活動内容をプレゼンする
  10. パフォーマンス評価法について
      評価に関する資料を収集・抄読会
  11. パフォーマンス評価法の実践①
      球技に関するパフォーマンス評価法の実践(バスケットボール)
  12. パフォーマンス評価法の実践②
      球技に関するパフォーマンス評価法の実践(バレーボール)
  13. パフォーマンス評価法の検討
      各グループの単元に則した評価法の検討
  14. パフォーマンス評価の検証
      検証授業の映像をもとにパフォーマンス評価を実践・検証
  15. 前期活動のまとめ
      これまでの活動の振り返りと、後期への展望
  16. 授業づくりⅡ‐①
      授業研究グループづくり・課題の選択(体育:領域・種目など)・単元計画の作成
  17. 授業づくりⅡ‐②
      教材の開発:単元の学習内容に則した教材の発掘・開発
  18. 授業づくりⅡ‐③
      教材の検討:単元目標に則した内容に修正する・学習カードの検討
  19. 授業づくりⅡ‐④
      単元計画の検証:グループごとにプレゼン・評価・修正
  20. パフォーマンス評価法の検討
      単元に則した評価法の検討、検証
  21. 検証授業Ⅱ‐①
      各40分の検証授業を実践(分析)・評価・修正
  22. 検証授業Ⅱ‐②
      修正した授業の実践(分析)・評価・修正
  23. 中間プレゼンⅡ‐①
      後期以降の活動をまとめる
  24. 中間プレゼンⅡ‐②
      各グループの活動内容をプレゼンする
  25. 論文作成に向けて
      これまでのプレゼン資料をもとに論文作成を開始する
  26. 検証授業の映像編集
      実践してきた授業の映像を編集する
  27. 中間プレゼンⅢ‐①
      論文の進捗状況の報告・映像鑑賞
  28. 中間プレゼンⅢ‐②
      論文の進捗状況の報告・映像鑑賞・修正に向けたアドバイス
  29. 中間プレゼンⅣ
      グループ内でプレゼン・評価・修正
  30. 最終プレゼン
      完成作品プレゼン・データ提出

授業運営

各時間の実践・議論について個人あるいはグループごとにレポートしていき、そのレポートをもとに卒業論文を作成することとする。
また、映像収録を行い、最終的に映像データもつくりあげる。

評価方法

1. 関心・意欲・態度(レポート提出率・積極性・協調性など):30%
2. レポート・プレゼン・論文:50%
3. 思考・判断(考察力、課題取組に関する工夫など):20%
※評価対象の必須条件:授業回数の3分の2以上の出席

オフィスアワー

火曜日:お昼休み 水曜日:2限
メールアドレス:saoriota-11@kanagawa-u.ac.jp

参考書

高橋健夫 ほか『新版 体育科教育学入門』[大修館書店]2010年

大竹 弘和

到達目標

大竹ゼミは、研究活動を通して「伝える力」を養うことを目的としている。
専門ゼミⅠ・Ⅱでは「言葉で伝える」ことをを主眼に合同ゼミや合宿等を通してプレゼン能力を高め、ゼミ誌で「書いて伝える」を養ってきた。
卒業研究では、専門ゼミⅠ・Ⅱの集大成として、外部研究会等での発表又は卒業論文の「ゼミ誌」掲載を到達目標とする。

授業内容

本研究は、スポーツ産業・マネジメント及びスポーツ政策関連について、専門的研究を行っていく。
また卒業論文の提出は義務とする。  

授業計画

1.ガイダンス
2~3.ゼミⅠ・Ⅱの検証
4~5.ゼミⅠ・Ⅱの検証
6~7.研究に向けての検討
8~10.研究テーマ設定に向けて教員・学生の議論
11~14.研究計画書作成
15~17.ゼミ合宿にて討論会・シンポジウム。卒業論文作成~
18~19.卒業論文作成又は外部研究会に向けた資料作成
20. 外部研究会(学会等)へ参加・発表
21~24.論文のまとめ、発表成果の検証
25~27.ゼミ誌掲載及び発表の準備
29~30.卒業研究発表会

授業運営

テーマ設定から調査研究、論文執筆まで学生の主体的な活動を重んじる。

評価方法

専門知識、創意、取り組み姿勢、発表時の態度・質疑応答などから総合的に評価する。

オフィスアワー

大竹研究室 月・水・木曜日 

川上 満幸

到達目標

卒研は、学部4年間の集大成に位置づけられるものである。
したがって、ゼミⅠ、Ⅱで修得した知見をベースに「自らの動機から一つの課題を設定」し、これを解決するための能力を養うことを目標とする。

授業内容

先行研究の詳読と要約、研究テーマの設定、研究の立案、実施、分析、ディスカッションを通じて卒業論文を作成する。

授業計画

以下に示すステップに従って実施する。

  1. 先行の学術論文、文献を詳読し、その内容を要約したものを発表する。それに対して、ディスカッションを行い卒研生相互の啓発をする。
  2. ゼミⅠ、Ⅱならびに諸論文の知見を参考にし、自らの研究テーマを設定する。
  3. 研究テーマの具体的な企画・立案を行う。
  4. 研究課題の対象と目的達成のための方法論をディスカッションをふまえ決定する。
  5. 研究のスキームを決定する。
  6. 研究テーマに関する具体的実験、調査等によりデータの収集を行う。
  7. データの分析と検討を行う。
  8. 研究のまとめ(考察、結論)を行う。
  9. 卒業論文を作成する。

授業運営

形式的には週1回の卒業研究の授業日が設定してあるが、これはあくまでも原則であって論文の進捗状況により毎日が卒研指導の日になることも十分考えられる。

評価方法

研究のテーマ、オリジナリティ、方法、分析と考察等から総合的に判断する。

オフィスアワー

原則として、火曜日、水曜日の5時限目とする。

使用書

必要に応じて紹介する。

参考書

必要に応じて紹介する。

衣笠 竜太

到達目標

受講者が、卒業研究のテーマを通して、生体機能の基礎的な実験技術の習得、研究課題に関する専門知識の習得、実験データをもとにした論理的な考察能力、プレゼンテーション能力および問題解決のためのデザイン能力を修得することが到達目標である。

授業内容

専門ゼミナールⅠで学んだ生体機能の基礎知識に基づいて、専門ゼミナールⅡで専門的なテーマを設定し、実験を計画・実行して得られた結果(データ)を踏まえ、卒業論文の制作を行う。
なお、卒業論文の提出は必須とする。 

授業計画

本卒業研究は、専門ゼミナールⅡで実験データを既に取得していることを前提に進める。従って、得られたデータのプレゼンテーションとデータの議論を通じて、論文の執筆を行う。

  1. ガイダンス
  2. 個人別に順番に経過報告I(データの報告と議論)
  3. 個人別に順番に経過報告II(データの報告と議論)
  4. 個人別に順番に経過報告III(データの報告と議論)
  5. 個人別に順番に経過報告IV(データの報告と議論)
  6. 個人別に順番に経過報告I(論文執筆“結果”のパート)
  7. 個人別に順番に経過報告II(論文執筆“結果”のパート)
  8. 個人別に順番に経過報告III(論文執筆“結果”のパート)
  9. 個人別に順番に経過報告IV(論文執筆“結果”のパート)
  10. 個人別に順番に経過報告I(論文執筆“考察”のパート)
  11. 個人別に順番に経過報告II(論文執筆“考察”のパート)
  12. 個人別に順番に経過報告III(論文執筆“考察”のパート)
  13. 個人別に順番に経過報告IV(論文執筆“考察”のパート)
  14. 結果(前半)の添削
  15. 結果(後半)の添削
  16. 考察(前半)の添削
  17. 考察(後半)の添削
  18. 個人別に順番に経過報告I(論文執筆“緒言”のパート)
  19. 個人別に順番に経過報告II(論文執筆“緒言”のパート)
  20. 個人別に順番に経過報告III(論文執筆“緒言”のパート)
  21. 個人別に順番に経過報告IV(論文執筆“緒言”のパート)
  22. 個人別に順番に経過報告I(論文執筆“方法”のパート)
  23. 個人別に順番に経過報告II(論文執筆“方法”のパート)
  24. 個人別に順番に経過報告III(論文執筆“方法”のパート)
  25. 個人別に順番に経過報告IV(論文執筆“方法”のパート)
  26. 緒言(前半)の添削
  27. 緒言(後半)の添削
  28. 方法(前半)の添削
  29. 方法(後半)の添削
  30. 論文提出

授業運営

各自の研究テーマの途中経過・研究成果を報告し、討論する。受講者は生体機能の専門ゼミナールⅠとⅡの既習者を原則とする。

評価方法

卒業論文の内容(70%)と卒業研究発表会でのプレゼンテーション(30%)を評価し、全体で60%以上のポイントを獲得した学生に単位を認定する。試験は実施しない。

オフィスアワー

火曜日の昼休み、17号館211研究室(内線4220)へお越し下さい。
メールでも随時受付します。メールアドレスはrk@kanagawa-u.ac.jpです。

笹川 俊

到達目標

本授業の到達目標は、特定の研究分野において解決すべき課題を履修者が設定し、課題解決のための実験やデータ解析の手法を習得した上で、卒業論文を完成させることである。

授業内容

文献検索を通じて履修者の興味・関心に合わせた研究課題を設定するとともに、研究課題を遂行するために必要な実験およびデータ解析の手法を指導する。論文の作成法や研究成果のプレゼンテーション技術についても指導を行う。卒業論文の提出は必須である。 

授業計画

  1. 研究テーマの選定
  2. 研究テーマに関する資料の収集
  3. 研究テーマに関する資料の整理
  4. 研究テーマに関する資料の考察
  5. 研究テーマに関する資料のまとめ
  6. 研究計画の作成
  7. 実験デザインの構築
  8. 実験の実践①
  9. 実験の実践②
  10. 実験データの整理
  11. データ解析の方針の策定
  12. 解析プログラムの作成①
  13. 解析プログラムの作成②
  14. データ解析の実施
  15. 統計処理
  16. 実験結果の整理
  17. グラフの作成方法
  18. グラフの作成
  19. 実験結果のまとめ
  20. 卒業論文の執筆と添削(「方法」のパート)
  21. 卒業論文の執筆と添削(「結果」のパート)
  22. 卒業論文の執筆と添削(「緒言」のパート)
  23. 卒業論文の執筆と添削(「考察」のパート①)
  24. 卒業論文の執筆と添削(「考察」のパート②)
  25. 論文タイトルと要旨の作成
  26. パワーポイントを用いたプレゼンテーションの作成方法
  27. 研究成果のプレゼンテーションの作成
  28. プレゼンテーションの練習①
  29. プレゼンテーションの練習①
  30. 卒業研究発表会

授業運営

授業は演習形式で進める。履修者は、自身の卒業研究の進捗状況や成果を、パワーポイント等を用いてプレゼンテーションする。メンバー全員で、プレゼンテーションの内容について議論を行う。

評価方法

卒業論文の内容70%、卒業研究発表会でのプレゼンテーション30%

オフィスアワー

授業終了時に受け付ける。

南 学

到達目標

本研究の到達目標は、受講生が大学における研究・学習の成果を、設定したテーマに沿って、論文としてまとめることにある。また、この論文にまとめる作業を通じて、概念に対する正確な定義を行い、関連情報を整理して客観化し、論理的矛盾なしに、文章にまとめる経験を蓄積し、わかりやすく説得するプレゼンテーション能力を磨くことを目標とする。

授業内容

スポーツを社会との関係においてとらえ、個々人の活動からプロスポーツ運営まで、その社会的、経済的効果と相互関係を分析し、課題を設定することを基本とするが、スポーツ以外の社会事象に関する調査研究でも構わない。課題設定に基づき、調査研究手法を選択して、先行研究のレビュー、データの分析と整理、仮説の設定と研究をすすめて、卒業論文にまとめる。 

授業計画

初回 研究テーマ設定へのブレーンストーミング

前期
 ・研究課題のテーマ設定
 ・研究テーマ設定に基づいた研究方法の検討
 ・研究テーマについての資料収集
 ・論文の構成の検討
 ・中間発表

後期
 ・資料の分析・整理
 ・論文の構成の確定
 ・構成に沿った調査研究、論文作成
 ・プレゼンテーションの準備
 ・論文の最終確認と発表

授業運営

学生相互の研究テーマに関する議論を通じて、研究課題への多面的なアプローチを行う。資料収集の評価や活用方法、論文の構成、執筆については個別指導を行う。

評価方法

卒業論文、発表、取り組みなどを総合的に評価する。

オフィスアワー

水曜日

山下 昭子

到達目標

卒業研究は、大学内の研究にとどまらず独創的な発想で広く社会へ提案できる力をつけること。

授業内容

専門ゼミナールⅠ・Ⅱでの研究成果を深め掘り下げてさらに充実、発展させ研究の集大成として卒業論文を作成する。
学術雑誌等の読み込み研究課題の全体像から内容を深める。 

授業計画

  1. 研究課題についての議論
  2. 先行研究
  3. 研究計画の立案
  4. 研究内容の再検討
  5. 研究内容の方法
  6. 研究方法論の検討
  7. 研究の実践
  8. 中間報告会
  9. 研究内容についての議論
  10. 論文の章立て
  11. 中間報告
  12. まとめ
  13. 論文発表
  14. 論文提出
  15. 自己点検評価

授業運営

授業運営は、履修者と対面で議論しながら進める。

評価方法

議論への積極的参加・先行研究・提出物・プレゼン等と提出論文の内容などを総合的に評価する。

オフィスアワー

基本的に授業終了後その都度相談して決める。

使用書

随時指定する。

参考書

随時提示する。