スポーツ健康コース

Sports and Health

概要

運動がもたらす「からだ」と「こころ」の健康

人間を健康という視点から考えてみます。その中心に「こころ」と連動しながら「身体」(からだ)が存在しています。この「からだ」は生涯発達をふまえて適質量な刺激を欲しがっています。その刺激により「からだ」が活性化する可能性は大きく、体力の維持や増進にも期待が持たれています。その刺激は「からだ」を動かす(移動する)事によってもたらされます。それが「運動をする」ということになるのです。ところが、この運動は「こころ」にも良い影響を与えていることが最近わかってきました。それは、人間が健康に向かう事を意味しています。運動を手段として健康にアプローチしてみる。その理論と実践を総合的に修得することを目指しています。

スポーツ健康コース 3つのチカラ

健康に生きる力

人間のからだのメカニズムや生理を理解し、健康な生活を実現するための理論を学ぶと同時に、それを実践する力を身につけます。

関連する科目例
  • 健康科学とスポーツ
  • バイオメカニクス
  • スポーツ医学
  • トレーニング実技

人を魅きつけ導く力

コーチあるいは指導者として、人々の運動能力を高め、健康を増進するために、最適な育成方法は何か、理論的に考え、それを表現する方法を学びます。

関連する科目例
  • ロールモデル論
  • スポーツ心理学
  • 保健体育指導実践論
  • コーチング論

スポーツ文化を支え、
発信する力

スポーツを振興し、その文化をより実り多きものとして創造する方法を、実技だけでなく、行政やビジネスなどの多面的な側面から学びます。

関連する科目例
  • スポーツ社会学
  • 生涯スポーツ論
  • 野外実習(サマー)
  • スポーツの行政と公共政策

スポーツに携わる人材を育てる

「運動する」行為に対してゲーム性や競技性が加わり、大きく発展してきたのがスポーツです。適度なスポーツ活動は健康維持増進に役立ちますが、それ以外にもスポーツの持つ役割が多岐に渡り、大きな影響力を持つようになってきました。スポーツの根本的な構造を理解し、スポーツに携わる人材を育成する。その責任を担うのが「スポーツ健康コース」です。

4年次は卒業に向けて、これまでの学習をまとめていく学年です。卒業研究は必修ではありませんが、多くの学生の履修が期待されます。3年次のゼミナールを踏まえて、個人あるいは複数で、各自が研究したいテーマを自由に選んで研究を深めていきます。

「スポーツ振興者志望」と
「企業のリーダー・スポーツ教育者養成」
2つの履修モデル

1. スポーツ振興者志望モデル

現代社会の構造や事象を「スポーツ」を切り口や材料として理解すること、またスポーツ実践者を科学的に支援するための基礎的発展的な知識を修得することにより、企業人・技術者としての資質を身につけることを目指すモデルです。スポーツ関連企業、レジャー関連産業領域をはじめとする一般企業はもとより、スポーツの普及振興にかかわる行政団体、NPOや財団法人といった公益団体などへの就職を目指します。

基礎科目 健康学概論、人間科学基礎ゼミナール
基幹科目 スポーツマネジメント、身体計測と情報処理
展開科目 ロールモデル論、バイオメカニクス
総合演習 人間科学専門ゼミナールⅠ・Ⅱ、卒業研究

2. 企業のリーダー・スポーツ教育者養成モデル

学生時代に培われたリーダーシップ、フォロアーシップ等、行動力を十分に活かし、企画・運営に携わり企業内においてもリーダーとして活躍することを目指す人のためのモデルです。また、地方自治体で警察官や消防士等の職業を選択しようとする人や、スポーツを指導する学校や社会教育関係の職業を目指す人のためのモデルでもあります。

※所定の教職に関する科目および教科に関する単位を取得し、介護、教育実習等を経て、保健体育教諭の資格を取得することができます。

基礎科目 人間科学概論、人間関係論
基幹科目 ヒューマンマインド学、スポーツ社会学
展開科目 生涯スポーツ論、スポーツ産業論
総合演習 人間科学専門ゼミナールI・II、卒業研究